読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガーを生きる。時に笑い、時に泣き。

アスペルガー当事者として、日々のこと、障がいのことを綴ります。

がんばりすぎるあなたへ。

こんばんは。

久々に毎週欠かさずに見ている
(といってもリアルタイムではなかなか見られず、録画で後日見ている)
ドラマ、「逃げ恥」こと「逃げるは恥だが役に立つ」。
いよいよ、来週最終回となりました。

星野源さん演じる平匡さんのプロの独身っぷりや、新垣結衣さん演じるみくりの可愛さが本当にハマり役で面白いです。
契約結婚」をした2人はじれったいほどに少しずつ惹かれ合っていきましたが、結末はどうなることやら・・・

心が軽くなったコトバ

最近、普段より用事を多くこなしていたので今日2話連続で録画をみました。
2日くらい前まで、私は心身ともにひどく疲れていました。
すると、先日放送された第10話で、石田ゆり子さん演じる百合さん(みくりの伯母)が言っていたセリフが、私の心を溶かしてくれました。

「時にはいいのかもしれない。
 がんばらない時があっても。」

もう一度巻き戻して(とはもう言わない?)、同じシーンをみて思わずメモをとりました。

百合さんは、50歳くらいで独身のキャリアウーマン。
今まで結婚しなかった分、仕事を頑張ることで自分のプライドを保ってきた、そんな女性です。

いつもいつも頑張っていたら、神経がすり減ってしまいます。

私も以前は「頑張りすぎ」と言われていましたが、最近はあえて「がんばらない」時間を持つようにしています。

世のがんばりすぎている女性たちに、この言葉を贈りたいです。

それではまた。