読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガーを生きる。時に笑い、時に泣き。

アスペルガー当事者として、日々のこと、障がいのことを綴ります。

アスペルガーの恋愛、私の場合。

こんばんは。
ひまわりです。

最近、インフルエンザで自宅療養していたため更新できませんでした。
やっと、普段通りに生活できるようになったので復活することにしました。

アスペルガーさんが恋したら?

私は、23歳で初めての彼氏ができるまで片思いを
繰り返していました。

一度相手を好きになると、
「もし彼と付き合ったら、こんなことがしたい」
と考えていました。

その人に別のパートナーがいるという考えは頭の中になく、
「少しずつ近づけたらいいな」とか考えていました。

この時点で、完全に
「自分にも付き合える可能性があるのかも」と
思い込んでいます。

この点が、発達障がいでない定型発達の人とアスペルガー
人の違いなのかもしれません。

思い込みが人一倍激しいという点で。

また、弱い立場の方だと「私が守る」と思っていました。
付き合ってもいないのに。
もう、周りが見えていませんでした。
普通ではなかったです。

その人を好きだった別の人が、あっさり別の男性と付き合いだした
時にも、
「あの人への思いは何だったの!?」
と怒りがわいてきました。
発達障がいではない、定型発達の友達にこのことを話したら、
「普通そんなこと思わない」
と言われました。

「恋愛の『普通』って何?」
ずっと、心の中のモヤモヤが止まりませんでした。

人生最大の「恋の暴走」

今から4、5年ほど前の話です。
当時、私は(注1)就労継続支援A型事業所で働いていました。

当時、パートナーがいなくて恋愛から遠ざかっていた私は
自己啓発本を読み漁っていました。

その中の一冊に、
「特別なことをしなくても、運命の人がやってくる」
方法が書いてあり、その内容を少しずつ実践していました。

すると、ある日一人の男性職員が入ってきました。
一目見た瞬間、
「まさに私の理想の人!
 この人が運命の人なんだ!
 やっと会えた!」

と舞い上がっていました。

それ以来、
「いつ話せるかな~」
と思い、職場で顔を合わせるのが楽しみになっていました。

優しく穏やか人で、福祉の知識もあったので
「結婚しても安心!」とまで思っていました。
そもそも付き合ってもいないのに・・・
また、相手の気持ちも分からないのに・・・

ところが・・・

ある日、私が彼を見つけて心の中で
「○○さんだ!やっほー!」
とテンション高く反応していたら・・・

彼の左手に、光る物を見つけてしまったのです・・・

「ナヌ~~~ッ!?」

そう、彼は既婚者でした。

どうして運命の人だと思い込んだのか・・・

アスペルガーの人には、思い込みが激しい所があるの
だと思います。

私が思う、アスペルガーの恋愛

私は、
「○○さん(私のこと)って、本当に人を好きになったことが
ないんじゃない?
数年前に言われた言葉です。

結構ショックでした。

その人は、前述の「恋の暴走事件」で私が彼を気になっていた
ことも知っています。

というより、知られていたのかも。

確かに、自分勝手な妄想、心の中での暴走・・・
一人で思い込んで、突っ走って・・・
相手のことなんて考えていない。

それは確かに、恋ではなかったのかもしれません。

思い込みの激しい所がある発達障がい、アスペルガーの方も
恋愛で突っ走ってしまうことがあるかもしれません。

そんな時は、冷静に考えられるといいですね。

また、初対面で「この人素敵!」と思う人が現れたら、
左手のチェックは忘れずに、さりげなく。


気がつけば相手のことを考えていたり、
その人を見るとドキドキしたり、
何かしてあげたいと思ったり・・・

それが「恋」なのかなと思います。

今のパートナーとは、お互い惹かれ合っていくような
感じでお付き合いを始めました。

笑い合えて、一緒にいると安心できる穏やかな恋愛です。

暴走も過度の妄想もない、無理のない恋愛。

これからもいろいろあると思いますが、
今はとても幸せです。


それではまた。

(注1)就労継続支援A型事業所とは、特別支援学校を卒業しても一般就労ができなかった人や一般就労で
うまくいかなかった人のための就労の場。いわゆる障がい者雇用。
最低でも週20時間以上働けることが条件。一般企業のように、賃金により雇用される。
最低賃金以上もらえることが保証されてはいるが、中には例外の施設もある。